前へ
次へ

不動産業者の担当の方からすすめられたこと

私は主人と結婚したことをきっかけにマイホームを購入するために、主人と共に不動産業者を訪れました。
結婚した当初主人の税込年収は300万円台だったため、新築物件を購入するために必要な住宅ローンの借入が非常に難しい状態でしたが、不動産業者の担当の方のすすめもあり、夫婦共同名義で住宅ローンの借入をすることにしました。
最初主人だけで借入することができるローンの範囲内で、中古物件を購入しようと考えていましたが、想像以上にリフォーム費用が必要だったり、住みやすい間取りではなかったため、何度か内見に行くたびに新築物件を購入したいという思いを自然に抱くようになりました。
夫婦共同名義で住宅ローンの借入をすることによって、私自身生涯正社員で働き続けないといけない可能性があります。
自分たちが望む理想の新築物件を購入することができたため、私自身住宅ローンを返済し続けるために日々全力で職務を全うし続けることができると思います。

Page Top