前へ
次へ

賃貸不動産を借りる際の初期費用

賃貸不動産を借りる場合には、初期費用として敷金や礼金、不動産業者へ支払うことになる仲介手数料を支払うことになり、最初の一ケ月分の家賃の前払い金も必要となるので、割とまとまったお金を用意することとなります。
敷金や礼金の相場は、地域ごとに異なっており、その他に、賃貸不動産の規模や築年数、人気度などによって異なる設定となっています。
中古のアパートやマンションでは敷金や礼金が共に家賃の一ケ月分としている物件がおおくなっていますが、借り手を急いで見つけたいと考えている場合には、資金や礼金の設定を安くしている物件なども見つけることが出来ます。
礼金は最初に支払うことなり、後から戻ってくることが無い資金となるので、出来るだけ礼金の設定金額を安くなっている物件を選んだほうが得となります。
資金は賃貸契約が終了すれば、一部が戻ってくることになりますが、出来るだけ低い設定となっている物件を選んだほうが、最初に用意するお金を少なくすることが出来ます。

Page Top