前へ
次へ

空き家対策には戸建賃貸に出すのが一番

不動産の中でもいま日本で大きな問題になっているのが、空き家問題ではないでしょうか。
少子高齢化により日本の人口は減り始めています。
しかしアパートやマンションを含めた不動産はどんどん建設されています。
特に高齢になった一人ぐらしの人が亡くなった場合、そのまま家が放置されたりすると空き家問題が発生してしまうのです。
空き家問題は深刻であり、家という物は人が住まなくなるとすごい勢いで朽ちてゆくものです。
そして草は伸び放題で、そこにたばこの吸い殻でも投げ込まれたら大変なことになってしまいます。
それを防ぐのに有効なのが、家を戸建賃貸として貸しに出すという手段です。
朽ち果てそうな場合には仕方ありませんが、きれいに整った空き家であれば、リフォームやリノベーションなどを施して人に貸すことが出来ます。
そうすれば家賃収入も入るので大家になることも出来ます。
朽ち果てるのを待つくらいならば、ややリフォーム費用は掛かったとしても、賃貸に出す方が地域住民にも喜ばれるのではないでしょうか。

Page Top